■掲示板に戻る■ レスを全部読む 最新レス50
【有効利用】四国の水資源について語ろう! その3【渇水対策】
324 名前: お遍路さん 投稿日: 2010/04/10(土) 16:09:23 ID:yvILpxkw
>>323
>面河の水の代わりに 黒瀬の水を配水って意味だったんだけど
>で、道前水利に配水したら 打ち抜きが枯れて
>松山に分水するのは 打ち抜きが枯れないんですか?
黒瀬の水を松山に分水すると、加茂川の流量が減ってうちぬきがでなくなるって
言い張って西条の人は分水に反対してるんでしょ?
道前平野に分水しても加茂川の流量が減るからうちぬきが出なくなることは同じじゃん。
頭大丈夫かな。もー。

>もともと黒瀬ダムには反対だった西条市
じゃないでしょ。>>321を見てくださいよ。

>ダムがなければ地下水その他を潤すはずだったんですよ
誤りです。(きっぱり)
http://www.pref.ehime.jp/h41200/kurose_saijo/kurose_saijo091218.pdf

>ところがごり押しでダムを造って、水を分配となったから
>市の生命線(飲料水)確保のために反対するのは習いだと思いますよ
完璧に悪い妄想にとり憑かれてますねー。
そもそも工業用水事業というのは、業務による地下水の大量汲み上げを防止し、
ダムに溜めた水を利用することによって
地下水脈の保全や地盤沈下の予防を目的に実施するものですよ。

ところが工業用水は有料なので、
タダでうちぬきが汲めるのに、なんで金払って水を買わんといかんのやって
西条市には地下水脈の保全なんて機能が全く意識されてないんです。
まずは、西条市自身が賛成した黒瀬ダムの事業の意義こそをちゃんと理解すべきでしょう。

次に…、と後もいろいろあるんですが、長くなるのでまた今度にします。
西条市民は洗練された上品な人が多いし、決して嫌いで言ってるわけじゃないので、
気を悪くしないでくださいね。

read.cgi V2.1(PC) 2013/05